賃貸事務所で手軽に起業|オフィス移転やビル管理はプロに任せ隊

オフィス

手軽に起業できる

ビル

起業する上で抑えておきたいものとしてバーチャルオフィスが挙げられます。バーチャルオフィスは、レンタルオフィスとは異なり、作業を行なうスペースはありません。しかし、住所や電話番号、FAX番号などをレンタルすることができます。レンタルオフィスは、業務を行なう部屋や建物を借りることができますが、バーチャルオフィスの場合はこのようなスペースがないのです。この違いを正しく理解した上で必要に応じてバーチャルオフィスをレンタスしましょう。東京では起業をする人の多くがこのバーチャルオフィスをレンタルしています。東京にはさまざまなバーチャルオフィスを行なっているサービス業者があるので、起業するにはうってつけの地域だといえるのです。また、東京の一等地の住所をバーチャルオフィスでレンタルすれば、企業からの信頼度が大きく飛躍します。東京でオフィスを設ける場合、高い家賃や契約金が必要になるため起業が困難になりますが、バーチャルオフィスなら手軽な費用で満足できる業務が行えるのです。

バーチャルオフィスのメリットは契約企業からの信頼度だけではありません。それ以外にも安い費用で起業ができるということです。数千円から数万円程度の費用で起業することができ、同時に保証金や敷金が発生しないため、起業する際の初期費用を抑えることができるのです。個人で起業したい、社員や従業員を増やす必要がない、オフィスをレンタルするまでもないという場合に、自宅の住所を使うかわりにバーチャルオフィスを活用すると適切です。また、バーチャルオフィスサービス業者によっては、変わりに電話やFAXを受け付けてくれる代行業務を行なってくれるところもあります。さらに、必要に応じてすぐに自宅の電話や携帯電話に繋いでくれるサービスも行なっています。直接お客様や契約企業と会話ができるので安心です。東京で起業を考えている人は、バーチャルオフィスの活用を検討しましょう。